水漏れなどさまざまな理由からトイレは交換されます

水漏れなどさまざまな理由からトイレは交換されます 日本のトイレは進化の一途を遂げ続けています。和式の便器から洋式便器への転換が進み、その中でさまざまな機能が搭載されてきました。中でもセンセーショナルだったのがウォシュレットと呼ばれるお尻の洗浄機能です。ウォシュレットの普及は日本に留まらず、海外の多くのセレブが設置しています。世界各地で活躍する日本人プロスポーツ選手がウォシュレットを愛用しており、そこからも広まったと言われています。トイレの交換を考える時はさまざまな場面においてであり、それに伴う注意点なども存在します。

■水洗便器への交換

一般家庭における和式便器は少なくなっています。さらに水洗便器ではない家庭もあまり見られなくなりました。いわゆる汲取り式のトイレも田舎の地域の一部で見られる程度です。上下水道のインフラの普及に伴い、衛生面から水洗便器の普及が進みました。汲取り式においては汚物のにおいはもちろん虫の発生など不快感を伴うものでしたが、水で下水に流して不快感を発生させる原因自体を排除することにより、大きく改善されました。不快感の排除の成功は便器が水道設備に変わった結果ですが、それに伴って水漏れなどの新たな問題も起きるようになりました。

■洋式便器の特徴
現在の洋式便器に備わっている機能にはさまざまなものがあります。一つ目は便座ヒーターです。寒い季節に冷たい便座へ腰を下ろすには気持ちの準備が必要です。温かい便座は健康面においても必須のアイテムとなっています。
二つ目はウォシュレットです。お尻を清潔に保つことでお尻に起こる疾患の予防につながります。もちろん洗浄水が冷たいとよくありません。現在は洗浄水を好みの温度に調整できるようになっています。洗浄水の温度だけではなく、水の勢いやリズムを変えることもできます。自分が一番気持ちの良い洗浄水の出方に設定をすることが可能です。
三つ目は省エネの機能です。節水はもちろんのこと、節電にも配慮されています。水の流れ方を工夫することにより、従来の使用量に比べて劇的に電気の使用量が低減しています。便座ヒーターで消費される電力においても、さまざまな部品の改良や不使用時に便蓋を自動で閉めるようにする機能などにより、大幅に改善されています。その他にもさまざまな機能が日々追加されています。

■トイレ工事

現在のトイレ交換には水道工事が伴うものがほとんどです。水洗トイレへの変更には上下水道の配管を設置しなければなりませんし、単なる便器の交換においても水道設備を変更することになるので、水道工事が必要です。この交換工事での原因に挙げられるのが水漏れです。水漏れは上水道側が多く、パイプのつなぎ目からが多数を占めます。つなぎ目を増し締めすることで水漏れが止まることもありますが、多くはパッキンの経年劣化によって起こっていて、パッキンの交換が必要になります。
パッキンはゴムやプラスチック製の部品で、パイプのつなぎ目などから水漏れを防ぐ役割を果たしています。種類もさまざまです。断面がO型のOリングやD型のDリング、そして平べったいものなどがあります。使われるべき種類や大きさを間違えるとすぐにまた水漏れを起こしかねませんので、自力で交換することはおすすめできません。水道局指定業者に依頼して、後々のトラブルへの保証も担保しておくことが賢明です。

■まとめ
日本におけるトイレ事情はここ50年ほどでさまざまに変化してきました。その変化は進化と呼べるものですが、トイレが水道設備となったことで安易に自力で対処することができなくなったことも事実です。単なる便器交換からウォシュレット 水漏れを修理する工事までさまざまな対処方法があります。将来的なトラブルを減らすため、保証を担保するためにも、水道局指定業者から工事業者を選ぶようにすることが大事なポイントになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース