ボタボタと音のするようなトイレの水漏れ

水のトラブルで業者のお世話になることはよくありますが、特にトイレの水漏れから修理を依頼することも少なくありません。どこからともなくボタボタと水の滴る音がトイレから聞こえてくると、気になってしょうがないものです。気がついたらトイレの床が濡れていたりして、その度に床を拭かなければならないのは大きなストレスになります。速やかに水が漏れている箇所を特定し、修理をしてもらうのが賢明です。

■トイレの床が濡れている原因

トイレの床が濡れている原因の多くは水漏れです。ボタボタと音がしているのであればその可能性が高いです。しかし稀に別の理由の時があります。その一つが結露です。便器やパイプなどの温度と気温との差でパイプや便器の表面に結露ができ、滴り落ちていることもよくあります。この場合は原因が水漏れではないので、水道工事では解決できません。トイレ室内の換気を十分に行ったり室温を一定に保てるようにしたりすることが必要になります。経済的に余裕があるときは、トイレ室内環境をコントロールできるエアコンを設置しても良いでしょう。そうでなければパネルヒーターなどの暖房機器を配置したり、常に換気扇の能力を上げるなどの工夫が必要になります。どうやっても結露が収まらない場合は、住宅設備メーカーなどに相談に行くことをおすすめします。

■配管からの水漏れ

配管からの水漏れの多くはつなぎ目からの漏れです。つなぎ目を締め直すことで治まったりもしますが、大抵の場合それは一時しのぎにすぎません。それは、つなぎ目からの漏れはパッキンの劣化によることが多いからです。強く締めてもパッキンの劣化が直るわけではなく、強く締めたことで劣化したパッキンがさらに劣化を加速させることもあります。パッキンの亀裂がさらに深くなり、つなぎ目を強く締めるだけでは水の漏れを止めることができなくなって、とめどなくボタボタと漏れてくるようになります。こうなるとパッキンの交換をしなければならないので、そうなる前に初めから交換をするのが賢い対処方法です。パッキンの交換であれば多くの業者で廉価に行っているので、問い合わせをしてみましょう。
一方で厄介な水漏れは配管自体の劣化によるものです。サビがその原因の多くを占めますが、水漏れを起こすほどの劣化となれば、サビが発生している所の配管も同じ程度に劣化していることが推測されます。一部の配管の交換では済まず、配管の大部分の交換が必要になります。トイレの配管を皮切りに他の部分の水道設備へも波及するかもしれないので、その他の水道管もすべて確認してもらうようにしてください。これを期に別の所の水漏れで大惨事になる前に点検をしておくと良いでしょう。

■まとめ
トイレの水漏れには結露や配管のゆるみなどさまざまな原因がありますが、経年劣化が原因であるならばトイレはもちろんのこと、他の水道設備も同時に点検することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ