トイレ排水管 水漏れによる修理は

修理を要するトイレの水漏れは大きく分けて二つあります。上水側のパイプなどから漏れているものと下水側の排水管 水漏れです。厄介なのは、排水管からの漏れは発見しづらいということです。その原因の一つとして、上水側であれば水漏れの音も耳に入りやすいですが、床下である排水側の水漏れは音が届きにくいことが挙げられます。二つ目は水の漏れを目視で確認しやすいかそうでないかということです。上水側は漏れた水分はもちろんのこと、漏れている箇所の確認も難しくありません。一方、下水側は床下になるため、目視による確認をするにはわざわざ点検口を開けてみなければ分かりません。点検口が原因箇所のそばであれば良いですが、そうでなければ床下にもぐりこみ見えるところまで行く必要があります。

■排水管 水漏れが起こすトラブル

排水管からの水漏れが引き起こすトラブルには重大なものがあります。その一つが、電気系統のトラブルです。稀に床下へ電線が走っている場合、漏れた水による漏電が起きる可能性もあります。床下の水漏れから起こる漏電による突然の停電だと原因箇所の特定まで時間がかかります。停電が夜であれば明かりを取るのが大変で、もっと厄介になります。
もう一つが梁や床などの木を腐らせてしまうことです。気付きにくい床下の漏水が徐々に木を湿らせ、そして腐敗させていきます。気がついたときには梁や柱を新調しなくてはならないような大掛かりな住宅工事が必要になっているかもしれません。そう考えると面倒でも定期的に床下の確認は必要です。また、トイレに限らず他の水道設備の排水管 水漏れの点検も行うことが大事になります。

■トイレの水道工事業者

修理から交換までさまざまなトイレの工事において、業者の選定は重要項目の一つです。工事自体もいろいろとあり、パッキンの交換、便器の交換、そして排水管の総入換えと多種多様です。共通して言えることは水道の工事であるということです。つまり、簡単に料金が安いだけで業者を決めることは危険です。
水道工事業者には各自治体の水道局が指定している業者があります。自治体のお墨付きのある工事業者が存在するので、その中から選ぶようにしましょう。水道工事に手抜きや欠陥があれば後で痛い目にあいます。深刻な漏水が起きれば他の住宅設備へも影響し、故障を引き起こす可能性もあります。そうなると安く収まった工事料金が逆に高く付く羽目にもなりかねないでしょう。そうならない保証を得るためにも、修理などの工事の発注は水道局指定業者へするように心がけてください。

■まとめ
トイレに限らず水道設備の水漏れで怖いのが床下の排水管 水漏れです。普段から定期的に点検するように心がけておくことが大切です。その上で修理や工事が必要になったら、水道局指定業者へ依頼することを忘れないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ